よくあるご質問

ベジタブルサポートドクタープラス全般に関するご質問

ベジタブルサポートとベジタブルサポートドクタープラスの違いを教えてください

『ベジタブルサポートドクタープラス(動物病院専用)』は獣医師様のご判断のもとで、それぞれの病態に必要な栄養素を補うことを目的とした商品であり、その際の使用量等についても各々違います。また、ドクタープラスシリーズは野菜の配合方法も健康維持用とは変えており、商品によりBCAA(分岐鎖アミノ酸)や食物繊維を強化しています。
一方、『ベジタブルサポート(健康維持用)』は健康維持のためにビタミン、食物繊維等のバランスを考慮した野菜の配合になっており、食べやすい顆粒やタブレット状の製品になっています。

犬や猫に野菜は必要でしょうか?

野菜の栄養素は必要です。
野生の肉食動物の糞便中や胃内容物を調べると、植物が2-10%含まれているという報告があります。その理由は、野生の肉食動物は草食動物の内臓を主に好んで食べているからです。つまり草食動物が食べて消化吸収されやすい形になった野菜や植物を摂取しているのです。そのため、ベジタブルサポートのように消化吸収されやすい形になった野菜を与えていただくことが勧められます。

野菜のアミノ酸で、体のタンパク質は作れるのでしょうか?

「肉を食べないと筋肉などのタンパク質にはならない」ということはありません。
私達が食べている牛は、草しか食べていないですが立派な筋肉(牛肉)になっています。
肉と同様に野菜のアミノ酸もきちんと消化吸収できれば体のタンパク質になります。

ベジタブルサポートの材料と同じ野菜をあげたら同様の栄養がとれますか?

犬や猫は野菜などの植物を消化吸収することが苦手であり、野菜は食物繊維が豊富なため、なかなか消化されません。
ベジタブルサポートは生野菜を1/10まで濃縮しています。つまりベジタブルサポートを10g食べさせると約100gの生野菜を摂取したのと同様の栄養成分を摂取することができます。
また、ベジタブルサポートはBCAA(分岐鎖アミノ酸)の比率を高めるために計算された野菜の配合にしています。
そのため、生野菜よりもベジタブルサポートの方がより必要な栄養を摂取することができます。

▲PAGE TOP